HOME > 滑り止め施工日記

滑り止め施工日記

滑り止め施工日記のカテゴリーを選んでください。

総数78件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

SGSは、濡れるほど滑らない
SGSとは、濡れた時に滑りやすくなるタイルや石材に、約7μm(スギ花粉のおよそ10分の1)の微細な穴を形成することで、この穴に溜まった水の表面張力を利用して滑り止め効果を実現する工法です。一つ一つの穴の大きさは小さくても、無数の穴の集合体となれば大きな力となり、抜群の滑り止め効果を生み出すのです。

SGSは滑りの原因である水分を逆に活用し滑り止め効果を実現しているので、水に濡れるほど高い滑り止め効果を実現します。

SGSは、美観を損ねない防滑工法です
従来の滑り止め(防滑)工法は
・滑り止めテープ・シールを貼り付け凹凸を形成する
・ジェットバーナーで床材表面を焼き凹凸を形成する
・混合砂を高圧噴射して床材表面に凹凸を形成する
いずれの方法も、歩行面の引っ掛かりによって摩擦抵抗を高め、滑りを防ぐものです。

これらの工法は滑り止め効果の劣化が激しく、また美観を大きく損ねるという難点を持っています。

SGSでは、肉眼では確認できない7μm前後の凹みのよる水の表面張力を利用した吸盤効果により防滑効果を発揮するため、施工後も見た目はほとんど変化しません。

短工期
大掛かりな養成なども必要なく、施工後すぐに施設を利用できます。
・50平米程度なら、3〜4時間
・200平米程度なら、7〜8時間
(施工条件により異なります)
大掛かりな重機なども使用しないので騒音や粉塵の心配もなく、昼夜を問わず都合の良い時間帯での施工が可能です。


SGSは、雨で濡れた際に滑りやすいビル・マンションのエントランスやホテルのロビー、清掃時に濡れて滑りやすくなるトイレ、常に濡れている温泉・介護施設等の浴場やプールサイドなど、あらゆる場所での施工が可能です。
SGS

※Pタイル、長尺シート、フローリングなどSGSが使用できない場所では、SGSトップコート/グリップ・フィールドで対応が可能です。
SGSトップコートグリップ・フィールド

足下注意
入浴施設や雨天時の商業施設などに貼られている
「滑りやすいので、足下にご注意ください」の貼り紙

施設管理者にとっては注意を促しているのだから、後は各々が注意するのが当然で、たとえ転倒しても施設側には責任が無い。というのが従来の解釈だったでしょう。

しかし近年では転倒事故に対する国民の意識も変わりつつあり、施設管理者に対して訴訟を起こすケースも増えてきました。そして訴訟にまで発展した事案では、施設管理者に不利な判決が出ているという現実があります。

滑ると分かっていたのなら、安全に施設を利用できる様に改修しなければいけない。それを怠れば損害賠償等の責任を負わされることになります。

バリアフリー新法
バリアフリー新法では、床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。評価指標は、滑り抵抗係数(C.S.R)を用いる。と記されています。

※以下、一部抜粋
4.10 床の滑り
床の材料及び仕上げは床の使用環境を考慮した上で、高齢者、障害者等が安全かつ円滑に利用できるものとする。

(1)履物着用の場合の滑り
■表―1 履物着用の場合の滑り日本建築学会※の推奨値(案)
床の種類単位空間等推奨値(案)
履物を履いて動作する床、路面敷地内の通路、建築物の出入口、
屋内の通路、階段の踏面・踊場、
便所・洗面所の床
C.S.R=0.4 以上
傾斜路(傾斜角:θ)C.S.R−sinθ=0.4 以上
客室の床C.S.R=0.3 以上

(2) 素足の場合の滑り(※ここでは大量の水や石鹸水などがかかる床を想定)

■表−2 素足の場合の滑り日本建築学会※の推奨値(案)
床の種類単位空間等推奨値(案)
素足で動作し大量の水や石鹸水などがかかる床浴室(大浴場)、プールサイド
シャワー室・更衣室の床
C.S.R・B=0.7 以上
客室の浴室・シャワー室の床C.S.R・B =0.6 以上

(3)滑りの差
・突然滑り抵抗が変化すると滑ったりつまずいたりする危険が大きいため、同一の床において、滑り抵抗に大きな差がある材料の複合使用は避けることが望ましい。

年次別、不慮の事故の種類別死亡数・死亡率(人口10万対)
近年転倒事故が増加の一途を辿っています。交通事故などとは違いあまり報道はされませんのでご存知の方は少ないかもしれませんが、現在歩行中のスリップや転倒事故で亡くなる方は、年間5,000人を超えている状況です。
死亡に至らないまでも、転倒事故がきっかけで寝たきりや後遺障害になるケースも少なくありません。

転倒事故が増加する要因の一つは高齢化
屋内外を問わず元気に活動できる高齢者が増えてきたこと(これらはとてもうれしいことです)が、軽快に歩くことが難しい人々や、転倒した場合ケガをする可能性が高くなる人々が増加したことも意味します。要するに転倒事故そのものの潜在因子が増加してしているのです。
美観・デザインが重視され、雨や水道水などで濡れた状態になると滑りやすくなる床材では、(特に高齢者の方は)滑った際にバランスがとれず転んでしまう事が多いようです。

防滑対策の不備(対策の遅れ)
平成24年8月にはバリアフリー新法「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準」が改訂されるなど、安全管理への意識は高まっています。その為、新規の建築物に関しては設計段階から段差や建築部材などを考慮して安全対策を行う事ができますが、すでに建てられた建築物の多くは、安全対策が間に合っていません。

既存の建築物は、利用者の生活行動の中で作業を行わなければいけない為、特に駅などの交通機関や公共性・商業性の高い施設での防滑対策は、その為に長期間に渡る改修工事を行うことは非常に困難です。

応急処置は、応急処置でしかありません。
滑りやすい床・階段などに、滑り止めテープや滑り止めシートを使用して対策を取ることもできますが、耐久性があまり高くありませんので、定期的に張替え・取替えなどの作業が必要になりますし、汚れが目立ちやすく美観を損ねるというマイナス面が伴います

美観と安全のジレンマ
安全対策が大切なことは誰もが理解しています。しかしその為に美観を著しく損ねることを止むなしと受け入れるのが困難なことも確かです。
商業施設やビル・マンションなどでは、高級感の感じられる光沢性の高い床材が用いられることが多く、安全対策の為とはいえ、その美観を損ないたくないという理由も、防滑対策の遅れにつながっていると考えられます。

美観を損なわない転倒防止技術
当社の推奨する「美観を損なわない滑り止め施工」では
美観はそのままに、短時間の施工で確かな効果を実現します

防滑効果も見た目の変化も、ご自身で見て体感していただく事が最も分かりやすく、伝わりやすいですから
当社では、滑りでお困りの方に「滑り止めのテスト施工」を行っております。
お気軽にお問い合わせください!


総数78件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

前のページに戻る
ページの先頭へ

滑り止め効果を実感してください。無料ご相談はこちら

滑り止め施工日記

会社案内

滑り止め施工

滑り止め施工
株式会社 彩Finish
(サイ・フィニッシュ)

〒544-0023
大阪府大阪市生野区林寺4-16-18
TEL 0120-442-776
受付時間 9:00〜19:00
定休日 日曜

施工事例

マンションエントランス防滑工事

マンションエントランス防滑工事

新築ハイツの防滑工事

新築ハイツの防滑工事

階段の防滑工事

階段の防滑工事

温泉施設

温泉施設の防滑工事

玄関タイルの滑り止め加工

玄関タイルの滑り止め加工

塗料・塗装の専門商社:株式会社BAEK(ベイク)
スリップバスターズ
彩Finish:外壁塗装、屋根塗装、防水塗装
打ち放しコンクリート補修
彩Finish:Facebookページ
塗装工事でT-POINTが貯まります。

T-POINT 貯まります。使えます。

素材を傷めない 滑り止め施工 運営:株式会社 彩finish
お気軽にご相談・お問い合わせ窓口ください。フリーダイヤル:0120-442-776 受付時間/9:00〜19:00 定休日/日曜
ご相談・ご相談・お問い合わせ窓口 メールフォーム